Inkscape 専用サイト

Inkscape(インクスケープ)とは、無料で使えるドロー系のグラフィックアプリケーションです。

  • Inkscape(インクスケープ)とは、無料で使えるドロー系のグラフィックアプリケーションです。
  • ドロー系とは、数値計算によってモニターへ図形を描画していきます。
  • 例えば、モニター画面上に円をドラックして描いたとします。
  • ドロー系のソフトウェアは、ピクセルの一つ一つの色を設定して円を表現する訳ではなく、円を描く計算式をもとにモニターへ表示します。
  • データを保存する際には、
    • その円の位置
    • 円の計算式
    • 線の太さや色

などの付帯情報も加えて保存していきます。
円をどんなに拡大しても計算式の値は変わりますが、円自体の式は増えることがありません。
よってピクセル一つ一つの情報を保存するよりも保存するデータ量が少なくて済みます。

簡単に言うと、ペイント系で円を描いて拡大すると、

こまかな四角の集まりがそのまま拡大されるので、ギザギザになってしまいますよね。
それをドロー系のInkscapeでやると、ギザギザにならないんです。

Inkscapeはベクトル画像を含むSVGファイルの作成、編集が可能

Inkscapeはベクトル画像を含むSVGファイルの作成、編集が可能です。
そして、

  • JPEG
  • PNG
  • TIFF

などのビットマップイメージをインポート/エクスポートすることも可能です。
EPSの書き出し機能もあります。

また、最新版InkscapeではPDFファイルの編集もできるようになりました。

Adobe Illustratorと比べても全く劣らない性能を持っています!

Inkscapeはオリジナル画像やロゴの作成に向いています

Inkscapeはオリジナル画像やロゴの作成に向いています。
Photoshopなどのレタッチ(写真加工)ソフトでは、拡大すると画質が劣化してしまいますが、
Inkscapeで描いたベクトル画像は拡大してもオリジナルサイズと同じクオリティーを保てます。
そのため、ホームページのタイトルやアイコンなどを作るのに適しています。
また、テキストのレイアウト機能も備えているので、パンフレットやカタログ作りにも利用できます。

Inkscapeでできること

Inkscapeには次のような機能があります。

図形の作成

  • 鉛筆ツール
  • 長方形(角を丸くすることも可)
  • 円/弧
  • 星形など多角図形
  • 渦巻
  • テキストの使用(複数行可)
  • ビットマップの埋め込み
  • クローン作成

図形の操作

  • 変形(移動、拡大縮小、回転、ねじり)
  • Z順操作
  • オブジェクトのグループ化
  • レイヤーの使用
  • オブジェクトのコピー/ペースト

塗りつぶしと線 色選択(RGB、HSV、カラーホイール)

  • 色選択ツール
  • スタイルのコピー/ペースト
  • グラデーション
  • パターンでの塗りつぶし
  • 種類豊富な点線
  • パス作成(矢印線など)

パスの操作

  • ノードの編集(ノード移動、ベジェハンドル、ノードの結合/分割など)
  • パスへの変換(テキストオブジェクトを図形に変換)、線からパスへの変換
  • ブール演算
  • さまざまなしきい値によるパスの簡素化
  • パスのインセット/アウトセット
  • ビットマップトレース

テキストのサポート

  • 複数行テキスト
  • インストールされたすべてのフォントを利用化、右から左へ書かれるフォントを含む
  • カーニング、文字間、行間の調節
  • パス上のテキスト(テキスト、パスとも編集可能)

レンダリング

  • 複数行テキスト
  • アンチエイリアス表示
  • 透過をサポート(表示およびPNG出力)
  • インタラクティブ操作時には、ドラッグしたとおりに変形


はじめまして






a:11768 t:14 y:12